内臓脂肪が蓄積するとメタボリックシンドロームと呼ばれ、様々な病気を引き起こしてしまいます。

内臓脂肪肥満症をはじめ、糖尿病や高脂血症、高血圧など、これらは生活習慣病と呼ばれます。

生活習慣病と呼ばれるくらいですから、生活習慣の乱れが主な原因です。
まずは内臓脂肪の解消から、生活習慣病の予防をしましょう。
高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」などがあります。

内臓脂肪型肥満は危険

病気の原因メタボリックシンドロームは高血圧や糖尿病、高脂血症などの原因となり、さらに動脈硬化の危険性が高い状態です。

内臓脂肪型肥満とは、内臓のまわりに脂肪がについた肥満です。皮下脂肪型の肥満に比べて、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高い状態であると言えます。

脂肪細胞はインスリンを効きにくくしてしまいます。インスリンは血糖値を一定に保つ働きをするホルモンですが、これが効きにくくなると血糖値が高くなります。すると糖尿病をはじめとする様々な以上をいき起こします。

さらに、動脈硬化、そして心筋梗塞まで発展してしまう危険性を含んでいるのです。

炭水化物を減らす

脂肪が付いてしまう原因の中でも大きいのが、炭水化物の摂りすぎです。

炭水化物とは糖質のこと。甘いお菓子などに含まれている砂糖はもちろんのこと、ご飯やパンにも多く含まれますし、野菜では特に根菜に多く含まれています。

これらの炭水化物を摂らない、炭水化物抜きダイエットという方法があります。しかしこれはお奨めできません。確かに炭水化物は脂肪が付く大きな要因ではありますし、炭水化物を抜くことで簡単にダイエットをすることができますが、炭水化物を抜くという行為はリスクが大きすぎるのです。

まず、炭水化物は脳のエネルギーですので、炭水化物を抜くと頭が働きませんし、酷い場合は脳に障害が起こります。

炭水化物抜きダイエットの危険性

炭水化物抜きダイエットをを続けると体のいろんなところに変調をきたし、いずれはやめざるを得なくなります。

手っ取り早く痩せたいからといって、炭水化物抜きダイエットのような間違ったダイエット方法には手を出さないようにしましょう。